人気ブログランキング |

K アミ セラピ 整体と気功を組み合わせた施術
by kami-therapy
K アミ セラピ
神戸北野の小さな治療院
「K アミ セラピ」
東洋医学に基づいた整体と気功を組み合わせた施術で
こころと身体の治療を行っています。

■ホームページ
http://www.k-ami.net/
最新の記事
新HPのお知らせ
at 2019-02-09 14:23
兄 弟
at 2018-11-13 13:18
水を知る=ウオーターデザイン
at 2018-10-22 14:40
電話
at 2018-08-27 16:14
10年前のブログから 
at 2018-07-04 16:20
カテゴリ
最新のトラックバック
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

世界から猫がいなくなったら・・困る!
1週間前 「世界から猫がいなくなったら」を見た。

いい映画だな~と思った

時間がたっても その余韻が消えない、というより

より鮮明にその世界がよみがえってくる。

ネコが可愛そうな思いをする

つらい映画だとお思いのネコ好き皆さま、

安心してください! 決してそんな内容ではありません。


自分が、周りの人たちが、生き物が、

平凡に関わりながら 淡々と自分の生を生き切る 

それだけなのに

その命らへの いとおしさと感謝が湧いてくる映画です。


最後の日の朝 ネコを自転車の前かごにのせ

坂の上から眺める 自分の街を染める朝焼け

その朝焼けを 主人公は明日見ることはない

どんなに平凡でも あくびの出るほど退屈な人生でも

私たちはたくさんの命と一緒に生きている。

それがどれほど幸せなことだったか 気づくのは

いつも最期が近づいてからなのだろう。


主人公の母親の言葉、

”みんな ネコを飼ってるっていうけど

 ほんとうはね、ネコがそばにいてくれてるのよ”


ネコだけではない、

ほんとうはね、 みんながそばにいてくれてるのだと思う。

だから ちゃんと別れなければならないのだ。


そんなことを考えながら まったり寝ている院長を見る。

彼の脳内をパーセンテージで表したなら

48% メシ

48% 寝る

そして 残る4%のどこかに 私が存在しているのだろう

それでもいい そばで一緒に生きてくれるなら


でも本当に この世界から猫がいなくなったら

ここの院長の席は!(そんなもんないけど!)

どうなる?!    困る!!
f0233665_15251945.jpg


by kami-therapy | 2016-05-30 15:28
痛い経験
その日 仕事が終わると

身体が石のように固まっていることに 突然気づいた。

知っている整体の予約をとるには、時間も遅い。

でも このまま休んでも 眠ることもできないだろう。

とりあえずの手当てとして 歩いて行けるマッサージを探した。

駅近で空いていたところへ飛び込むと

期待以上に丁寧なマッサージでホッとした。

私は マッサージには助けられたこともあるが

ひどい思いもしたことがあるので とても慎重だ。

なので そこの技術に安心し 

1回ではどうにもならないこわばりであるのも分かっていたので 

2回目 足を運んだ。

けれど 悲劇はこの2回目だった。

最初とは別の 屈強そうな女性だった。

少しの不安がよぎり 念押しした。

”ゆるめで、ほぐさなくていいので ザラ~と流してくださいね”

”はい、かしこまりました!”

返事するや否や 強モミが始まった。

(いかん!) 台湾で受けたマッサージおばさん以上だ

”あの~軽めで・・”

”かしこまりました” グイグイ!!!

(かしこまらなくていいから 力を抜いてほしい!)

”あの~、もう肩はいいので・・・クッ”

”かしこまりました” と腰をグイグイ!!!

汗が出る 脳内警報が鳴りだしたその時

バキッ! 背中の奥で音がした。

(まずいッ!!>>>>) と飛び起きた私の背中を

ぐいとベッドに押し付けると

”大丈夫、大丈夫、音はよく鳴るもんです”  と続ける。

強い刺激だけなら 体を鎧のようにこわばらせて耐えるが

悪いタイミングで刺激が体の深部に入っちゃった、その感覚だった。

私は疲れ果て、成すすべもなく拷問のような時間を耐えた。


終わって家へ戻る途中、腰から背中からひきつけるような痛み

膝もギシギシいいはじめた。

自分で何とかしようとしたが 痛みと疲れと後悔で丸まって寝るしかなかった。

翌朝 腰・背中・膝の痛みはそのまま 首は回らなくなり 

歩くと胴回りが痛み 微熱が下がらなくなった。

そして3日後の朝 大量の鼻血が出た。

ビックリするような量で止まらないので 万事休すで仰向けになった。

(言うまでもないが、のどをつまらせたり
 
 飲み込んで気分が悪くなる恐れがあるので 良い子はやってならない)

咽喉に降りた血液を3回ほど吐き出すと ようやく収まってきた。


それ以降 少しづつ回復してきたが 背中の痛みは1月ほど続いた。


すべてを そのマッサージさんの責任と言いたいのではない

そこまでこわばるほど 自分の身体を放置した私が一番悪い(泣)

それに その強もみにも それなりのファンがいるだろう。

けれど多くの人が 疲れの限界で駆け込む場所なら

加減も必要でないかと思う。

昨今 そのような場所での事故が多発しているらしいのは聞いていたが

まさか 自分が体験しようとは!

NHKでその問題を取り上げた番組では 

安心な資格者の所に行きましょう とくくっていたが

資格の問題でもないなあ と思う。

知識があっても 経験も温情もセンスもないマッサージはさびしい

結局 自分に合うところを慎重に探すしかない

そんな思いで ここへ来てくれた人の大切な身体には

心して真摯に 丁寧に対さなくてはな と

あらためて思わせてもらった。 

その意味では 痛~い経験ではあったが

あのマッチョマッサージ師に感謝・・かな・・・まだ 無理!
f0233665_17255469.jpg
 
  

by kami-therapy | 2016-05-10 17:31